2009年08月02日

pl花火芸術の感想

花火はいつもより控えめでした。

風が少なかったため、煙りが流れなくて大量の煙。

フィナーレのスターマインは白い花火。


花火が終わった後、帰りは雨で、バイクのため花火のカスが顔がいくつもあたり大変でした。








posted by 夜空 at 10:00| Comment(24) | pl花火芸術 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

pl花火芸術の穴場

pl花火芸術の穴場ですが、ちょっと上げてみます。


・ 信貴山の山頂からはすこし遠目になりますが、花火を下にみながら、PL花火を堪能できる。

・ 富田林駅ではなく、その一つ前の喜志駅

・ 高安山のふもと。 混雑覚悟。

・ 会場のちょっと手前の広場。少し邪魔なものもあり。

・ 富田林のマクドの奥の住宅街。 早めに行くべし。

・ 羽曳野市にある石川河川敷。 込まないので、家族連れに最適。

・ 金剛駅近くの団地の階段の踊場、ナイアガラも全部見える
  金剛伏山台1号公園


・ 汐ノ宮病院の前にある坂、滝谷付近なら、交通渋滞が避けられる。

・ 南海高野線の北野田駅から少し歩く大きい狭山池の周辺

・ 久宝寺

・ 東大阪のイトーヨーカドーの屋上駐車場

・ 富田林市梅の里という住宅街の南方向のゴルフ練習場の隣の建築資材置き場。8月1日は、資材置き場を開放。ただし、有料。

花火はサイコーに見える。バイクであれば便利。










posted by 夜空 at 21:32| Comment(1) | pl花火芸術 穴場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

pl花火芸術周辺の宿泊

* pl花火芸術会場の宿泊


会場近くのホテルは早い時期に予約をする、
できなければ天王寺付近なら比較的取りやすいようです。




ホテル詳細へ

>>天王寺周辺のホテルリスト






posted by 夜空 at 19:52| Comment(0) | pl花火芸術 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。